2016年04月27日

八街茶味はおいしい? どこで飲めるの??

スポンサードリンク

75CC7EF9-A6D2-4DB9-96FF-4F2A6DD50087.JPG

日本人たるもの、緑茶というものは食卓や、ライフスタイルには欠かせないものとなっていますよね。
毎日飲むお茶だからこそ、良いものや、いろいろな産地のお茶を飲んでみて、毎朝の至福の時間としてみたい
めのです。 また、飲み方も人によって様々であり、熱いまま少しずつ飲む方や、適温にしてゆっくりと風味や
香りを堪能しながら飲む方もいますね。 僕は後者です。他にも様々な方法があると思われ、ただお茶を飲むだけでもこんなに奥が深いのかと感じてしまうわけですね。

そして、僕が最近ハマっているのはいろいろな産地ののお茶を飲むことであり、それをすることで
自分のお茶に対する味覚と知識や、常識を変えられると考えているわけです。

そして、発見したのが、千葉県八街市の「八街茶」というお茶。
ふとした用事でこの近辺に出かけた時に、、総武本線の車窓からお茶畑と看板が見えたので気になって
しまいました。段々畑になっている茶畑に、白い看板に黒で書かれた時が目印です。
総武本線上りの右側車窓、八街駅周辺で確認することができたはず。

八街市といえば、落花生で有名なイメージが強いと思いますが、1800年代などはお茶作りが盛んだったそうで、
1800年代初頭にはらアメリカニューヨークなどにも出荷さへていたそうです。

この時代に海外へ出荷されるという事はそうとうの旨味を持っていたのでしょうか。
八街茶への期待が募るばかりですね。

ちなみに、お茶葉としても販売はされていますが、
店舗で直接飲んでみたいという方は、八街市にある「桜カフェ茶楽」という店舗がおすすめです。

〒289-1103 千葉県八街市八街に−48−153
桜カフェ 茶楽

我々日本人が日常的に口にするからこそ、小さな楽しみと拘りを楽しみたいですね。


スポンサードリンク
posted by safari at 08:09 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。